発酵で、心・からだ、ととのう暮らしをはじめよう。

発酵で、心・からだ、ととのう暮らしをはじめよう。

目次

ステップbyステップで学べる3つの課程
受講料・カリキュラム・特典
ふんわり糀家のビジョン
修了生の声
Q & A

▼最新情報は専用LINEでご案内します。
(下のバナーよりご登録ください)

インストラクター養成講座


インストラクター養成講座は、ふんわり糀家の認定講師として活躍するための知識とスキルを学ぶ資格講座です。

修了後すぐにレッスンが開始できる「資料」「レシピ」「フォロー体制」が整っているので、驚くほどスムーズに活動のスタートを切ることができます。
早い方で、修了後2ヶ月後にはBasic講座を開催しています。

甘酒パートナーズ養成講座の修了生だけが、インストラクター養成講座へ進むことができます。

全ての内容をオンライン(ZOOM・動画)で行うため、地方・海外からの受講も可能です。

30〜60代(多いのは40〜50代)の方が、未経験から学び、認定講師として活躍しています。

ステップbyステップで学べる3つの課程


■Basic課程

Basic講座を開催する為の知識・スキルを学びます。
修了後、Basic講座が開催できます。


■Advance課程

Advance講座を開催する為の知識・スキルを学びます。
修了後、Advance講座が開催できます。

■Pro課程

ブランディングや「在り方」を学びます。
修了後、甘酒パートナーズ養成講座が開催できます。


上記3つの課程に分かれており
「パーソナル受講」
「ステップbyステップ」
で学ぶことができます。

修了後のフォローアップも充実しているので
「学んでおしまい」「置いてけぼり」にはなりません。

受講料・カリキュラム・特典

■Basic課程:33万円(税込)

・全6回(約3ヶ月)のカリキュラム
 ▶︎ご希望の曜日や時間に受講することができます。

・修了後のフォローアップ(6ヶ月間)
 ▶︎修了後も期間内は、SNSで質問・相談できます。

■Advance課程:11万円(税込)

・16本の動画とテキスト付き
 ▶︎ご自身のペースで学ぶことができます。

■Pro課程:33万円(税込)

・全3回(約6ヶ月)のカリキュラム+5つのワーク
 ▶︎ご希望の曜日や時間に受講することができます。

・受講中〜修了後のフォローアップ(無期限)
 ▶︎笠原なつみに直接SNSで質問・相談できます。

*Basic・pro課程は、分割払いも可能です。
*いずれの課程も学習動画を無期限で視聴できます。

特典1

Basic課程修了生は、まるみ麹本店の米こうじなどを卸価格で購入可能です。

特典2

Pro課程修了生は、ふんわり糀家HP『講師紹介』にプロフィール掲載が可能です。
レシピ開発依頼や、レッスン希望の生徒さまのご紹介もさせていただきます。

特典3

3つの課程を修了した方で、継続的に認定講師としての活動をする意志のある方には、インストラクター養成講座の「Basic課程」の講師として活躍する道をご用意します。

ふんわり糀家のビジョン

「わたし」らしく心地よい生き方で、世の中に幸せの循環を創る


まずは自分自身の幸せを叶えてほしい。

「好き」「やってみたい」という気持ちに正直になり、皆さん自身が幸せになってください。

「この先の人生を考えた時、
このままでいいのかな?」

「まだまだ新しいことを
始めることが出来るのでは?」

「今までの人生、
自分のことは後回しにしてきた。。。」

「怖いけれど、
チャレンジしてみたい。」

「でも、こんな私に
一体なにができるだろう?」

こんなふうに感じる方も多いかもしれませんが、「不安」を乗り越えて一歩を踏み出すことで、見える世界はガラリと変わるのです。

何歳からでもスタートするのに遅いということはありません。

あなたが好きなことをしていたり、ワクワクしていたり、一生懸命にがんばっていたら、家族はそんなあなたの姿を見て必ず影響されていきます。発酵食や身体と心の健康に興味を持ってくれるようになるでしょう。

あなたの料理を食べていたら心も身体も自然と健康になっていきます。肌の調子が良くなったり、腸内環境が良くなったり、だるさがなくなったり、健康診断で引っかからなくなったり。

そうしたら、家族や友人や、職場の同僚にそのことを伝えるでしょう。そうして、どんどん幸せな人を増やしたい。

「発酵で、心・からだ、ととのう暮らしをはじめたい」

そんなあなたが一歩を踏み出すお手伝いをするのが、この講座の役割です。

発酵食料理であなたから始まる「幸せの循環」を、創っていきましょう。


修了生の声


・講座を受講すると決めた時は、私の中でずっと何か変化を求めていた時で、考え方も、気持ちも、意識も含め、自分を変えたかった時でもありました。

・料理に、とにかく食事を作るだけの時間が毎日楽しく、この講座で学んだ知識と、料理を楽しいと思う気持ちが、私の料理を食べた時の家族の「美味しい」に変化して、自分に返ってくることが何よりも嬉しいです。

・なつみ先生と出会えて、人生本当に変わりました。本当に、本当に「人生が変わる料理教室」です。

・これはただの料理教室ではありません(笑)。発酵をつうじて自分の身体のこと、心のこと、健康で幸せな毎日の送り方を直接・間接的に習得できるとてもユニークな講座です。
一方的なレクチャーを受けるのではなく、自ら主体的な形で考えるプロセスがあり、同期の仲間と一緒に自分を発見して育てていく貴重な時間。なつみ先生の人柄にピピっときたら、迷わず受講すべき!人生のチャンスを逃さないでほしいです!

・私はびびっときて受講を決めて、全く迷いなく決めました。この半年は濃密な時間で、私にとっては次の半年後や1年後ではなく、この時でなくてはならなかったと確信しています。
迷っている方は、その直感と自分を信じて、飛び込んでみてほしいと思います。 ふんわり糀家でしか、得ることができないものが盛りだくさんですよ~。 いい意味でビックリさせられること、間違いなしです!!

その他、インストラクター養成講座の様子はこちらのブログへ

Q & A

Q.3つの課程のうち「Basic課程」だけをまずは受けたいのですが...

A.はい、大丈夫です。「Advance課程」「Pro課程」は受講しなくても構いませんし、もし受講する際は、ご自身のペースで学び進めることができます。

Q.受講料の割引はありますか?
 クレジット/分割払いは可能ですか?

A.甘酒パートナーズ養成講座の修了後のフォローアップ(2ヶ月間)期間中にインストラクター養成講座へ進むと、特別価格(10%OFF)で受講が可能です。

<参考>
3つの課程全てを上記期間中にお申し込みの場合
Basic課程(330,000297,000円
Advance課程(110,00099,000円
Pro課程(330,000297,000円
合計770,000693,000円(税込)

また、最大10回まで分割/クレジット払いができます。(別途5%の手数料がかかります)

Q.ブランディングを学びたいので「Pro課程」を最初に受けることはできますか?

A.「Basic課程」は受講必須ですが、同時進行で「Pro課程」や「Advance課程」を受講することが可能です。「Pro課程」のみ、「Advance課程」のみを受講することはできません。

Q.3つの課程の担任の先生は選べますか?

A.「Basic課程」は甘酒パートナーズ養成講座の担任が受け持ちます。
「Advance課程」は動画とテキストで学習していただき、「Basic課程」の担任に質問・相談可能です。
「Pro課程」は代表・笠原なつみが担当します。

まずはパーソナル相談会へ

甘酒パートナーズ養成講座の修了生だけが、インストラクター養成講座へ進むことができます。

「興味はあるけれど、わたしにできるのかな...?」
「講師との相性はどうかな...?」と、新しいことを始める時は不安がつきもの。

「受けて良かった!」と心から思っていただきたいので、無料のオンライン相談会を開催しています。文字だけでは伝えきれない講座の魅力をお伝えします。



【体験レッスン】甘酒嫌いも100%虜になる!毎日飲むだけで人生が変わる「水筒で作る甘酒」

目次


講座内容
体験レッスンの特徴
こんな方にオススメ
生徒様の声
体験レッスンを通して得られること
講座受講のあなたは『幸せの循環を創る人』になれる
受講料
開催サロン(オンライン開催講師)
最後に〜たった90分で人生が劇的に変わる

「水筒で作る甘酒」体験レッスン


「この体験レッスンを受けて、手作り甘酒の美味しさに衝撃を受けました。便秘にも悩まなくなりました。」

「手作り甘酒を知ってから、私の人生が変わりました。肌なんてここ数年で一番キレイかも。」

「あんなに料理にお砂糖を使っていたのに、今ではほとんど出番がありません。甘酒の優しい甘みが料理を美味しくしてくれます。」

体験レッスンをキッカケに発酵食の虜になる方がたくさんいます。

「和食はお砂糖がないと作れない」
「料理にお砂糖を使うのが当たり前」

そんな常識を覆し、お砂糖なしでも美味しい料理が作れるようになるための、甘酒作りが学べるレッスンです。


甘酒が苦手な方でも、ふんわり糀家の手作り甘酒は100%「美味しい!」と言ってもらえます。
(レッスンに来てくれる方でも、意外なことに甘酒苦手な方がとても多いのです。)

手作り甘酒は美味しいだけでなく、栄養もたっぷりで美容効果も抜群です。

講座内容

・甘酒に期待できる美容・健康効果とは?
・一般的な甘酒との違い(材料・作り方・味)
・美味しい甘酒を作るための3つのポイント
・甘酒が甘くなるための酵素の働きについて
・生の麹と乾燥麹ってどう違うの?
・甘酒の1日の摂取目安量は?
・使い切り目安と保存方法

調理実習

1.水筒で甘酒を作ってみよう!

誰でも簡単にできる『水筒で作る甘酒』を仕込んでいただきます。



2.甘酒を使った定番おかず&スイーツ




体験レッスンの特徴


・どうして甘酒が身体に良いのか?健康・美容に欠かせない甘酒の魅力が学べる

・甘酒を普段の料理にどうやって使うか、甘酒を使う時の「黄金ルール」を理解できる

・NHKなどの多数のテレビ番組でも取り上げられた「水筒で作る甘酒」の作り方が学べる

【永久保存】水筒で甘酒を作ってみよう の動画やブログでは伝えきれない麹の選び方や、美味しく作るコツまで学べる

・体験レッスン受講後には、Basic講座Advance講座とステップアップできるカリキュラムも整っている

人生が変わる料理教室インストラクター養成講座カリキュラムも整っており、「料理を仕事にする」道に繋がっている

こんな方にオススメ

・最近疲れやすくなった、肌荒れや便秘に悩んでいる

・風邪をひきやすい

・髪のハリやコシがなくなってきた、爪が割れやすい

・砂糖を使わずに美味しい料理が作りたい

・市販の甘酒が苦手

・PMS(月経前症候群)が気になる、甘いものがやめられない

・発酵のことを知りたい

・家族の心も身体も喜ぶ料理が作りたい

・発酵調味料を手作りしてみたい

・料理が苦手で、作っても家族に「美味しい」と言ってもらえない

・子供に安心して食べさせられる料理を作りたい

・「簡単で美味しい」料理を学びたい

・丁寧な暮らしに憧れる

・その場が楽しいだけでなく、身になる講座に参加したい

・体系的に学べる教室に通いたい

・・Basic講座に通いたい(教室の雰囲気を知りたい)

・価値観の近い人と出会いたい

・いつか料理教室を開きたい

生徒さまの声


・本当に感動の連続でした!甘酒が自分で作れるなんて…と思っていたうえにそんな大変なこともなくて。とてもわかりやすかったです。細かい点も伝えてくださったので「こんなときはどうしよう」みたいなものもわかりました。

・家に帰って早速家族に食べてもらったら、美味しい!と喜んでもらえました。どのレシピも手軽で身体にいいものばかりなので、これからもそういうものを教えてもらいたいです。

・レシピもシンプルなのにとても美味しくてびっくりしました。”目からウロコ”でした!市販の調味料ばかり使わず、身体に良い調味料で簡単に作りたいなと思いました。麹調味料ならそれができそうで、これからたくさん学びたいです。

・3人でのレッスンだったので、他の方の疑問点なども聞けて勉強になりました。質問しやすい雰囲気がとても良かったです。平日は仕事で夜は1品になりがちなので、常備菜をたくさん作っておきたいので、レシピをいろいろ知りたいです。

(その他、生徒様のお声はこちらのブログでご紹介しています)

体験レッスンを通して得られること

・甘酒を飲むほどに身体が内側から元気に、綺麗になる

・砂糖を一切使わなくなり、料理がもっと美味しくなる

・甘酒の美味しさに感動し、家族にも食べさせたくなる

・甘いもの依存から解放される

・麹の健康パワーを知り「発酵食のある暮らし」をスタートできる

・甘酒を作るだけでなく、活用方法まで理解することができる

・少人数なので、一人ずつに合わせたアドバイスが受けられる

・コロナウイルスやインフルエンザに負けない免疫力がつく

受講後のあなたは『幸せの循環を創る人』になれる


・市販の甘酒を買わなくなり、サスティナブルな地球に優しい暮らしができる

・甘酒を毎日飲む習慣が整うことで、ストレスに負けずに心穏やかな自分でいられる

・肌の調子が良くなり「あれ!なんだか綺麗になった?痩せた?」と周りから褒められる

・身体の不調とサヨナラして毎日ワクワクしながら台所に立つ時間を楽しめる

・「美味しい!」の声が聞けて家族団欒の時間が充実する

Basic講座Advance講座とステップアップできるカリキュラムで、発酵食を深く学ぶことができる


受講料

教室受講:4,400円(税込)〜

オンライン受講:3,960円(税込)〜


体験レッスン開催サロン

谷上 幸(香川県オンライン
田所 三奈(香川県)
小森 香苗(東京・オンライン)
林田 さとみ(オンライン)
高島 亜紗美(新潟・オンライン)
蔵岡 阿矢(熊本)
伊良部 良子(沖縄)


開催日程については、各教室に直接お問い合わせください。


最後に〜たった90分で人生が劇的に変わる


体験レッスンでは、ただ甘酒を作って、甘酒を活用した料理やスイーツを作るだけじゃないんです。

・市販の甘酒とふんわり糀家で作る甘酒は身体に与える影響がどう違うのか?

・苦手な人でも100%美味しく飲めるのは何故なのか?

・料理に美味しく活用するコツは?

・美味しい手作り甘酒を誰でも簡単に作るために知っておきたいポイントは?

そんな理論の部分をきっちり学べるので、頭で理解して身体で実感する事ができるんです。

ふんわり糀家の講座は、実は調理時間よりも講義時間が長いです。

「講義が長い=退屈、つまらない」というイメージが先行する方も多いかもしれませんが、ふんわり糀家の講義は聞き逃す暇がないくらい面白いんです。

むしろ、頭で理論を押さえてから調理をしてごはんを食べると、ただなんとなく発酵食を食べるよりも、一層楽しく美味しく充実したレッスンになるんです。

発酵食を食べ続けていく中で起こる体調の変化が、「なぜ起こるのか?」を学んだり、発酵調味料についての知識を深めていくと、手作りの発酵調味料を使って料理をすることが益々楽しくなるのです。

(なので、残念ながら単に料理だけを学びたいという方には合いません。)

発酵の料理教室ってちょっとハードル高そう・・・と悩んでたけど、受講して本当によかった!というお声をこれまで何度となくいただきました。

なので、料理をこれから習いたいと思っている皆さんへ。

レシピのバリエーションを増やすだけなら、いくらでも料理教室はあります。

(しかも安いレッスンは山ほどあります)

でも、

「一生ものの学びを得たい」
「料理を楽しいと思えるようになりたい」
「家族の喜ぶ顔がみたい」
「今年こそは自分を変えたい」

と思う方は、Basic講座をご受講ください。

もし、「教室の雰囲気を知ってからBasic講座に申し込みたい」と思う方は、体験レッスンに参加してみませんか?

Basic講座の内容や、受講日程などもご案内させていただきます。




はじめましての方へ!オススメのブログ10選



今回は『オススメのブログ10選をご紹介します。』

1.【永久保存】水筒で甘酒を作ってみよう!

これを読まなきゃ始まらない!甘酒の作り方を動画と写真でわかりやすくご紹介しています。


2.甘酒スムージーから始まる1日


ふんわり糀家と言えばこれ!基本の甘酒スムージーの作り方についての記事です。

3.季節やシーンごとのオススメの甘酒ドリンクの作り方

記事の最後にレシピのリンクをまとめています!一口に甘酒と言っても、色々な飲み方がありますよ。

4.オススメの調理器具

甘酒を作る時に欠かせないスープジャーや、フードプロセッサー、包丁、お鍋、バット、ボウルなどの紹介です。

5.オススメの発酵本
coming soon


6.オススメの保存容器

塩麹・醤油麹・味噌を保存する容器や、豆乳ヨーグルトを作る際の容器などのご紹介です。

7.オススメの調味料と材料

発酵食作りに欠かせない米麹・醤油・酢・みりん・塩・大豆などの厳選調味料のご紹介です。

8.旅の記録

サンフランシスコ編
スリランカ編
イタリア編
モロッコ&ポルトガル編
台湾編
ロンドン編

9.白血病が教えてくれた夢の叶え方vol.1〜8

私がどうして料理教室を始めたのか?25歳で患った慢性骨髄性白血病が全ての始まりでした。

10.「絶対にデッカッくなってやる!」

好きなことを仕事にして辿りついた「お金に対する考え方と幸福の本質」についての話



【永久保存】水筒で甘酒を作ってみよう

ふんわり糀家のレッスンの中で、他のどの発酵調味料よりも絶大な人気を誇る”甘酒”。



教室での体験レッスンやBasic講座でしか作り方が学べなかったのですが、遠方の方や、レッスンに参加出来ない多くの方にもお伝え出来るよう、動画とブログでわかりやすく作り方をお伝えします。


「いつも満席でなかなか予約が取れない…」

「子供を預けられないからレッスンには行けない…」

「遠方に住んでいるので、通いたくても通えない…」

そんな声をこれまで何度もいただきましたので、教室に通えなくてもご自宅で美味しい甘酒が作れるように、コツとポイントをまとめました。


まずは、材料から。

<材料:約500ml分>
・麹(生)…200g(ふんわり糀家で使用しているのは岡山県のまるみ麹さんの米こうじです。詳しくはこちら


・水…300ml
・温度計
・水筒(口が広いものが作りやすいので、スープジャーがオススメ)


スープジャーはしっかり保温が出来るものを選んでください。

私の愛用しているのはサーモスの真空断熱フードコンテナ500mlです。

(上写真と同じ色はすでに廃盤になっており、現在購入できるもののリンクを掲載しています。)

温度計はタニタのものを使っています。




<作り方①>
水筒に分量外のお湯(水筒の1/3程度まで)を注ぎ、容器内を温めておく。


お湯を注いだら、蓋を乗せて置くだけor緩めに閉めてください。きつく閉めると密封されすぎて蓋が開けにくくなります。


そして、 麹200gを計っておきます。麹が塊になっている場合は手でほぐしておきましょう。


<作り方②>
鍋に水を入れ火にかけ、温度計で計りながら60℃くらいまで温める。


火加減は最初から最後までずっと弱火です。
火が強いとあっという間に60℃になっちゃいますから、ご注意ください。


<作り方③>
麹を加え、更に火にかけ温度計で計りながら60℃くらいまで温める。


麹を加えると温度が下がります。
まだ麹が水分を吸ってないので水がシャバシャバしている状態です。


だんだん60℃に近づいてきました。
温度計でグルグルとかき混ぜながら、温度を計ります。



だんだん麹が水分を吸ってふっくらしてきました。


<作り方④>

水筒に注いだお湯を捨て、③を注ぎ入れ、しっかり蓋をする。


スープジャーは口が広いので、注ぎ入れる作業がとても楽チンです。


表面が平らになるように均します。縁についた麹もスプーンで落とすように整えましょう。


このスープジャーは中蓋もついているので密封力が抜群です。
この時は蓋をしっかりを閉めます。


<作り方⑤>
8時間後、試食をして、麹の芯がなくなっていれば完成。


出来た甘酒は琺瑯・瓶・プラスチック製の容器などに移し替えて冷蔵保存してください。

オススメは野田琺瑯のスクエアMサイズです。



たったこれだけで美味しい手作り甘酒の完成です。

(このまま食べる時は薄めなくて大丈夫です。スムージやお料理に入れるなど、お砂糖代わりにご活用ください。)


仕込みは慣れれば5分もかかりませんし、面倒なことと言えば最初に材料や器具を買い揃えることくらいでは?

ちなみに、つぶつぶが気になる方は、フードプロセッサーで撹拌してしまえば、全く気にならなくなりますよ!

私がいつも甘酒を潰す時や、スムージーを作る時に使っているのは「ブラウン マルチクック MQ500」です。



体験レッスンやBasic講座で学ばれたほとんどの生徒さまが「どんなに忙しくても甘酒作りは欠かさないです」と言ってくれます。

甘酒が苦手だと言う方も100%「美味しい!これなら毎日でも食べたい」といってくれるほどです。

そして、甘酒ライフを続けることで体調の変化、料理の美味しさアップ、心の変化を感じている方も沢山います。


<生徒さまの声ー体調の変化>
・甘酒スムージーを飲むようになって、会社の同僚からも”なんか最近やってるの?”と聞かれ、自分でも感じていた肌の変化を周りにも氣づかれてびっくりしました。出張などで甘酒スムージーが飲めなくなると、すぐにお腹の調子に影響するので、本当に甘酒パワーってすごいなと思います。

・30代になって体質が変わり、暴飲暴食をしていなくても朝起きると毎日胃もたれをしていました。手作りの甘酒を飲むようになり、朝の胃の重さが減りました。甘酒の消化を助けてくれるパワーを1番実感したのは、深夜に焼肉を食べた時です。夜の11時頃まで焼肉を食べ、甘酒を飲んで寝ると翌日全く胃もたれしていませんでした。毎日胃もたれしていた私にとって衝撃でした。それ以来毎日欠かさず飲んでいます。優しい甘みで癒されるので、仕事中に早く帰って甘酒を飲みたい〜!と思う程、ハマっています。

・甘酒を飲み始めて一番変化を感じたのは、お通じの良さです。いっぱい食べても太らなくなった気がします。産休から仕事復帰したとき、たくさんの人から「妊娠前より痩せたんじゃない?顏がシュッとしてる」と言われました。最近は、甘酒スムージーが美味しすぎて、朝忙しくても欠かすことができません。子どもがゴクゴク飲む姿は癒しです。



<料理の美味しさアップ>
・お料理の調味料として甘酒を取り入れるようになり、砂糖を使わなくなりました。全体の味がまとまりやすくなり、今まで作っていたお料理もより美味しくなっています。

<心の変化>
・おやつが食べたいなと思うことが減りました。甘酒などの発酵調味料を使って何を作ろうかと考えることが楽しく、心と身体のバランスが良い状態をキープ出来ることがとても気持ちが良いです。


甘酒作りをマスターして、今よりもっとキレイで、健康で、前向きで、料理上手なあなたになりませんか?

・どんな麹を選べばいいのかわからない方

・失敗しない甘酒作りのコツをもっと詳しく知りたい方

・手作りの甘酒が持つ健康と美容に欠かせない発酵パワーについて学びたい方

・自分ひとりで作るのが不安で、手取り足取り教えて欲しい方

ぜひ、体験レッスンまたはBasic講座にお越しください。



<はじめましての方へ!オススメのブログ記事10選>

1.甘酒スムージーから始まる1日

ふんわり糀家と言えばこれ!基本の甘酒スムージーの作り方についての記事です。

2.季節やシーンごとのオススメの甘酒ドリンクの作り方

記事の最後にレシピのリンクをまとめています!一口に甘酒と言っても、色々な飲み方がありますよ。

3.オススメの調理器具①

甘酒を作る時に欠かせないスープジャーや、フードプロセッサー、包丁、お鍋、バット、ボウルなどの紹介です。

4.オススメの調理器具②

ボウル、ポップコンテナ、ハンドソープ、まな板、オーブン、暖房器具など調理器具じゃないものまで紹介してます。笑


5.オススメの保存容器

塩麹・醤油麹・味噌を保存する容器や、豆乳ヨーグルトを作る際の容器などのご紹介です。

6.オススメの調味料と材料①

発酵食作りに欠かせない米麹・醤油・酢・みりん・塩・大豆などの厳選調味料のご紹介です。

7.オススメの調味料と材料②

発酵食作りに+αで揃えたいオイル・はちみつ・トマト缶・カレー粉など厳選調味料のご紹介です。

8.白血病が教えてくれた夢の叶え方vol.1〜8

私がどうして料理教室を始めたのか?25歳で患った慢性骨髄性白血病が全ての始まりでした。

9.「絶対にデッカッくなってやる!」

好きなことを仕事にして辿りついた「お金に対する考え方と幸福の本質」についての話

10.笑顔のない人生なんて(by Ameble記事)

2015年10月の記事で、まだ教室を初める前の私。公式ホームページよりも素のプロフィール!笑



NHK「ゆう6かがわ」人生が変わる料理教室とは!?

NHK「ゆう6かがわ」でふんわり糀家が『人生が変わる料理教室』として紹介されました!

私のことを初めて知ってくださった方、お時間があれば是非こちら↓のブログをご覧ください。

【永久保存】白血病が教えてくれた夢の叶え方


放送されて即、レッスンのお申し込みとお問い合わせを、驚くほどいただきました。


番組には、香川県・丸亀市の『発酵教室わたしキッチン』を主催する立石美樹さんがふんわり糀家に出会って、認定講師になって、人生が変わったストーリーも語ってくれています。

↓美樹さんのブログでも、OLを辞めるまでの葛藤をリアルな言葉で綴っています。




更に、今は愛知県・愛西市在住で、元々転勤で高松に暮らしていた時にふんわり糀家の認定講師になった『発酵キッチン すずさん』のすずききりこ講師も『人生が変わる料理教室』というタイトルでブログに、こんなふうに綴ってくれています。





その他にも、各地にふんわり糀家の認定講師がいるので、人生が変わる講座である『Basic講座』が、香川県以外でも受講可能なんです。

Basic講座は、55,000円というお値段なので、「高い!」と思う方も多いようですが、この講座は単にレシピを学ぶだけじゃないんです。

発酵調味料の作り方と、その活用方法を習得することで、「自分で料理を工夫しながら『毎日食べたい作りたい』と思うようになる(料理を楽しむ)」ための『考え方』をインストールすることが出来る講座です。

だから、一生ものです。

それが55,000万円だったら、高い?安い?

この講座をきっかけに、家族の会話が増えたり、料理をすることが好きになったり、子供がどんどん野菜を食べるようになったり。

他にもいろんな奇跡みたいな心温まる出来事がBasic講座を受講した人には起こっているのです。

(↓きりこ講師が以前に『Basic講座の魅力』というブログを書いてくれてました!)




愛知県・名古屋市で「糀とごはんの教室つき日和」を主宰している川本真依講師(写真左)も、ブログに以前生徒さまからの嬉しい声と、自身の変化についてを載せてくれてました。




兵庫県・加古川市の『糀の暮らしShuku』主宰の祝谷真瑚講師も、生徒さまからの嬉しい報告をブログに紹介してくれています。





そうは言っても、いきなり講座に参加するのは心配・・・という方は、まずは体験レッスンへ

発酵調味料を手作りし、心も身体も元気に、幸せな毎日を過ごしませんか?



婦人画報2017年5月号に掲載されました

| 婦人画報2017年5月号に掲載されました。


4月1日発売の婦人画報5月号の別冊付録「夢の料理教室Best18」にふんわり糀家が掲載されています。

”「受講は1年以上待ち」でも待つ価値あり、超人気の教室で調理プラスαの極意を学ぶ”という特集です。
東京・大阪・京都の素敵な教室と共に婦人画報さんに載れる日が来るなんて、凄く嬉しいです。

ぜひ書店でお買い求めください。

詳細はこちら





テレビ東京「生きるを伝える」に出演しました

| テレビ東京「生きるを伝える」に出演しました


テレビ東京「生きるを伝える」に代表 笠原 奈津美が出演しました。





ほんとうにしたいことって、ワクワクを通り越してけっこう怖い


以前、どこかで書いたり話したりしたかもしれないけれど、わたしが「料理教室」を始めようと思ったのは、それしかできそうなことが見当たらないと思ったから。

決して、料理が得意とか、大好きって胸を張って言えるような状態ではなかったのです。

つまり、積極的に選んだというよりは消去法で「これしかできそうなことが思い浮かばない...」というものでした...ほんとに。

えー、嘘だ!って思われるかもしれないけれど、家族にだって「●●のことも知らないのに、料理教室なんてできるの?」と言われて図星だったから、8年経った今でも覚えているくらい心底悔しくて起爆剤になりました。

文章だって、写真だって、しゃべりだって、あの時はなんのスキルも経験もなくて...。

ブログ1記事(短いやつを)書くのに、2時間くらいかかってました。

スキル、才能、強いこだわりがある友人達がうやらましいと思ってました。

物事の選択って、できれば積極的に「これがいい!」「これなら得意!」って選べたらいいけれど、過去のわたしを含む多くの人が、そんなふうに自信をもって選ぶことはできないものだと思うのです。

始める前から「一目惚れ」のように夢中で情熱を注げるものが見つかるものと信じたいけれど、実際わたしはやりながらそうなっていきました。やる前は、そんな確信はなかったです。

「自分のため」であるうちは、ただ楽しいだけなのです。
でもそれが「誰かの笑顔になった時」に初めて必死になったり、いい意味で後戻りできない感じ、やるっきゃない!って状態になって情熱に変わるのだと思います。

だから、なんだってやってみなきゃわからないのです。

そうは言っても、やってみたいことさえわからない...という場合はどうしたらいいか?

何かを選びたい(選ぶことで自分を変えていきたい)と思っている時に何を判断材料にすればいいか?と言えば、わたしの経験上は

うらやましいなぁ
なんか気になる(心にひっかかって離れない)
あの人だからできたんでしょ(わたしなんて...)

みたいなちょっとザワザワする感じがすることを、やってみることです。

そう思う相手は「本当はじぶんがやりたいこと(やりたいと思ってるのにできてないこと)を叶えている人」だから、気になっちゃうのです。

これだけ情報が溢れる中で、心に引っかかるということは、自分にもその相手と同じような要素(可能性)がありますよー!あなたもそうなれます(できますよ)ー!ということなんですよね。

それをやった先にどうなるのか
やって意味があるのか
大きなことじゃなきゃ

とか気にしないで、ぜひやってみてほしい。


これからの時代は、できるかできないかじゃなく、そうやって自分の本音を許可できる人からどんどん幸せになっていく時代。

ほんとうにしたいことって、ワクワクを通り越してけっこう怖いことだと思います。

わたしも初めて料理関係の資格を取りに行こうと思ったときは、心底怖かったなぁ。

昨日もオーディションを受けに行ったんですが、1週間前から胃が痛かったです(笑)
(経緯については音声配信でしゃべってます)

でも、その怖さを乗り越えたところに「本当になりたかった私」がいるんだって、今ならハッキリわかるから、怖くても逃げ出さずに立ち向かっていくのです。

実際に行動してみたら、対して怖いことは起こらないですしね。

そんなわけで、今年からスタートした甘酒パートナーズ養成講座のお申し込みが続々と入っています。

もし「興味はあるけど...わたしにできるのかなぁ」と躊躇している方がいたら、パーソナル相談会だけでも受けてみることをおすすめします。

パーソナル相談会は「合う講師を紹介してほしい」という方が大半です)

話してみる事で自分の気持ちに気づけるかもしれないし、不安が解決するかもしれないし、やっぱり違ったってはっきりするかもしれないし。

喋ってみる、動いてみるって大事です。自分の中で悩んでいたらいつまでもグルグルしちゃうから(笑)


(冒頭の写真は、わたしの王道「からあげ」。レシピはこちらです

他のどの場所よりも「深く濃く熱くピュアな想い」を綴っていこう



ただいま。

ふんわりのホームグラウンドに、帰ってきちゃいました。約10ヶ月ぶりの更新になります。

ブログを書く場所をnoteに移行して、コツコツを発信をしてきました。

実はちょうど1年前にある人にアドバイスをもらったんです。

「ここ(公式ブログ)で発信するよりもamebloやnoteの方が多くの人に知ってもらえるから」って。

言ってみれば、ここ(公式ブログ)は人通りの少ない裏路地みたいなもので、検索しないと出てこない。
noteやインスタは人通りのある大通りだから偶然見つけてくれる人も多いからって。

それで、ブログを書く場所をnoteに移行してみたんです。

結果的にnoteはレシピを書くのにちょうどいい場所だと思いました。

レシピばっかり投稿していたら、ありがたいことにフォロワーさんも増えていって10ヶ月で500人を超えたんです。

嬉しかったけど、ふと思ったことがあって。

「わたしはこれからもnoteでレシピだけを発信しつづけていきたいの?」

答えは「No」でした。
もちろん、ときどきはレシピもアップしますけどね。

もっと自分を表現したい
想いや考えを発信したい

便利なレシピがアップされているからフォローしたい人、なんてわたしの目指すものじゃない

想いや考えや人柄に共感するからフォローしたい人、だよね?と思ったんです。

それで今年に入ってから音声配信をはじめて、noteでもアップするようになりました。

わたしを「便利なレシピの人」だと思ってフォローしてくれてた方は、フォローを外していってますね。笑

切ないけど、しょうがないです。
だってわたしは誰かの期待に応えるために生きてるんじゃない。

自分を偽ってたつもりはないけれど、約10ヶ月noteを使ってみて、ようやく自分らしいnoteの活用方法が見つかった感じです。

インストラクター養成講座でも繰り返しお伝えしているんですが、本当にSNSの使い方って正解が無数にあるし、人によって全然違うし、ある程度の期間やってみないことにはわからない。

でも1つだけ言えるのは「自分にとって心地いいか?」が全てなんです。

わたしもいつまで経っても試行錯誤ですよ。
けど、大切なことに気づきました。

ここ(公式ブログ)は人通りの少ない路地みたいなもので、検索しないと出てこない。

でも、かえって情報や人の多い大通り(インスタやnote)よりも意志や興味を持ってくれる人はちゃんとここを見てくれる。

なんなら、ここに書いてある過去の記事もさかのぼって見てくれる。
そして、深いところで共感してくれる。
(インスタは見ません、って方もふんわりさんには多いみたいですし)

このブログを読んでくださっていたあなたのお陰で、わたしは活動を続けることができたんです。

もうすぐ丸7年。
こんなに続けられるなんて、起業したばかりの頃は夢にも思いませんでした。

だからわたしはここで、他のどのSNSよりも「深く濃く熱くピュアな想い」を綴っていこうと思いました。

今年はリアルでもオンラインでも、いろいろな形で、もう一度ふんわりさんとつながる機会を創っていきたいな。



本当にいつもありがとうございます。
大好きです。

これからもどうぞよろしくお願いします。

(冒頭の写真はいただきものの「源吉兆庵の【豊実仙】」でした。)

ふんわり糀家のブログはnoteへ移動しました。

<< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >>
11ページ中1ページ目