| 公式ブログ

【永久保存】水筒で甘酒を作ってみよう(2020/04/06)

ふんわり糀家のレッスンの中で、他のどの発酵調味料よりも絶大な人氣を誇る”甘酒”。



教室での体験レッスンやBasic講座でしか作り方が学べなかったのですが、遠方の方や、レッスンに参加出来ない多くの方にもお伝え出来るよう、動画とブログでわかりやすく作り方をお伝えします。


「いつも満席でなかなか予約が取れない…」

「子供を預けられないからレッスンには行けない…」

「遠方に住んでいるので、通いたくても通えない…」

そんな声をこれまで何度もいただきましたので、教室に通えなくてもご自宅で美味しい甘酒が作れるように、コツとポイントをまとめました。


まずは、材料から。

<材料:約500ml分>
・麹(生)…200g(ふんわり糀家で使用しているのは岡山県のまるみ麹さんの米こうじです。詳しくはこちら
・水…300ml
・温度計
・水筒(口が広いものが作りやすいので、スープジャーがオススメ)


スープジャーはしっかり保温が出来るものを選んでください。

私の愛用しているのはサーモスの真空断熱フードコンテナ500mlです。

(写真と同じ色はすでに廃盤になっており、2020年最新モデルのリンクを掲載しています。)



温度計はタニタのものを使っています。




<作り方①>
水筒に分量外のお湯(水筒の1/3程度まで)を注ぎ、容器内を温めておく。


お湯を注いだら、蓋を乗せて置くだけor緩めに閉めてください。きつく閉めると密封されすぎて蓋が開けにくくなります。


そして、 麹200gを計っておきます。麹が塊になっている場合は手でほぐしておきましょう。


<作り方②>
鍋に水を入れ火にかけ、温度計で計りながら60℃くらいまで温める。


火加減は最初から最後までずっと弱火です。
火が強いとあっという間に60℃になっちゃいますから、ご注意ください。


<作り方③>
麹を加え、更に火にかけ温度計で計りながら60℃くらいまで温める。


麹を加えると温度が下がります。
まだ麹が水分を吸ってないので水がシャバシャバしている状態です。


だんだん60℃に近づいてきました。
温度計でグルグルとかき混ぜながら、温度を計ります。



だんだん麹が水分を吸ってふっくらしてきました。


<作り方④>

水筒に注いだお湯を捨て、③を注ぎ入れ、しっかり蓋をする。


スープジャーは口が広いので、注ぎ入れる作業がとても楽チンです。


表面が平らになるように均します。縁についた麹もスプーンで落とすように整えましょう。


このスープジャーは中蓋もついているので密封力が抜群です。
この時は蓋をしっかりを閉めます。


<作り方⑤>
8時間後、試食をして、麹の芯がなくなっていれば完成。


出来た甘酒は琺瑯・瓶・プラスチック製の容器などに移し替えて冷蔵保存してください。

オススメは野田琺瑯のスクエアMサイズです。



たったこれだけで美味しい手作り甘酒の完成です。

(このまま食べる時は薄めなくて大丈夫です。スムージやお料理に入れるなど、お砂糖代わりにご活用ください。)


仕込みは慣れれば5分もかかりませんし、面倒なことと言えば最初に材料や器具を買い揃えることくらいでは?

ちなみに、つぶつぶが気になる方は、フードプロセッサーで撹拌してしまえば、全く気にならなくなりますよ!

私がいつも甘酒を潰す時や、スムージーを作る時に使っているのは「ブラウン マルチクック MQ500」です。



体験レッスンやBasic講座で学ばれたほとんどの生徒さまが「どんなに忙しくても甘酒作りは欠かさないです」と言ってくれます。

甘酒が苦手だと言う方も100%「美味しい!これなら毎日でも食べたい」といってくれるほどです。

そして、甘酒ライフを続けることで体調の変化、料理の美味しさアップ、心の変化を感じている方も沢山います。


<生徒さまの声ー体調の変化>
・甘酒スムージーを飲むようになって、会社の同僚からも”なんか最近やってるの?”と聞かれ、自分でも感じていた肌の変化を周りにも氣づかれてびっくりしました。出張などで甘酒スムージーが飲めなくなると、すぐにお腹の調子に影響するので、本当に甘酒パワーってすごいなと思います。

・30代になって体質が変わり、暴飲暴食をしていなくても朝起きると毎日胃もたれをしていました。手作りの甘酒を飲むようになり、朝の胃の重さが減りました。甘酒の消化を助けてくれるパワーを1番実感したのは、深夜に焼肉を食べた時です。夜の11時頃まで焼肉を食べ、甘酒を飲んで寝ると翌日全く胃もたれしていませんでした。毎日胃もたれしていた私にとって衝撃でした。それ以来毎日欠かさず飲んでいます。優しい甘みで癒されるので、仕事中に早く帰って甘酒を飲みたい〜!と思う程、ハマっています。

・甘酒を飲み始めて一番変化を感じたのは、お通じの良さです。いっぱい食べても太らなくなった気がします。産休から仕事復帰したとき、たくさんの人から「妊娠前より痩せたんじゃない?顏がシュッとしてる」と言われました。最近は、甘酒スムージーが美味しすぎて、朝忙しくても欠かすことができません。子どもがゴクゴク飲む姿は癒しです。



<料理の美味しさアップ>
・お料理の調味料として甘酒を取り入れるようになり、砂糖を使わなくなりました。全体の味がまとまりやすくなり、今まで作っていたお料理もより美味しくなっています。

<心の変化>
・おやつが食べたいなと思うことが減りました。甘酒などの発酵調味料を使って何を作ろうかと考えることが楽しく、心と身体のバランスが良い状態をキープ出来ることがとても気持ちが良いです。


甘酒作りをマスターして、今よりもっと綺麗で、健康で、前向きで、料理上手なあなたになりませんか?

・どんな麹を選べばいいのかわからない方

・失敗しない甘酒作りのコツをもっと詳しく知りたい方

・手作りの甘酒が持つ健康と美容に欠かせない発酵パワーについて学びたい方

・自分ひとりで作るのが不安で、手取り足取り教えて欲しい方

ぜひ、コロナウイルスが収まり、再び平穏な日々が戻ってきた際には、ふんわり糀家やお近くの認定講師の体験レッスンまたはBasic講座にお越しください。

(レッスン情報はこちら

教室でお会いできることを講師共々楽しみにしています。


また、こんな時だからこそ「オンラインで24品のレシピ+3種の手作り調味料が学べるMaster講座」もお申し込み受付中です。

作り方動画とレシピ集(冊子)も届きますので、料理が苦手な方でも安心!

オンラインMaster講座の詳細はこちらのページをご覧ください。


<はじめましての方へ!オススメのブログ記事10選>

1.甘酒スムージーから始まる1日

ふんわり糀家と言えばこれ!基本の甘酒スムージーの作り方についての記事です。

2.季節やシーンごとのオススメの甘酒ドリンクの作り方

記事の最後にレシピのリンクをまとめています!一口に甘酒と言っても、色々な飲み方がありますよ。

3.オススメの調理器具①

甘酒を作る時に欠かせないスープジャーや、フードプロセッサー、包丁、お鍋、バット、ボウルなどの紹介です。

4.オススメの調理器具②

ボウル、ポップコンテナ、ハンドソープ、まな板、オーブン、暖房器具など調理器具じゃないものまで紹介してます。笑


5.オススメの保存容器

塩麹・醤油麹・味噌を保存する容器や、豆乳ヨーグルトを作る際の容器などのご紹介です。

6.オススメの調味料と材料①

発酵食作りに欠かせない米麹・醤油・酢・みりん・塩・大豆などの厳選調味料のご紹介です。

7.オススメの調味料と材料②

発酵食作りに+αで揃えたいオイル・はちみつ・トマト缶・カレー粉など厳選調味料のご紹介です。

8.白血病が教えてくれた夢の叶え方vol.1〜8

私がどうして料理教室を始めたのか?25歳で患った慢性骨髄性白血病が全ての始まりでした。

9.「絶対にデッカッくなってやる!」

好きなことを仕事にして辿りついた「お金に対する考え方と幸福の本質」についての話

10.笑顔のない人生なんて(by Ameble記事)

2015年10月の記事で、まだ教室を初める前の私。公式ホームページよりも素のプロフィール!笑

ブログのトップへ戻る

関連記事

【参加無料】なつみ先生に聞いてみよう!はじめてのふんわり糀家ガイダンス、はじめます!

【自分が一番楽しむ】ことが出来てますか?

『生き方がしごとになる!ビジョン共感型料理教室のつくりかた』メルマガ始めます!