| 公式ブログ

【レシピ】秋冬に飲みたいほっこり甘酒ソイラテ(2017/09/20)

朝と晩がいよいよ肌寒くなってきました。皆さん衣替えはもうお済みですか?

秋物を買い換えるのと同時に、ふんわりさんなら切り替えて欲しいものがあります。


それは、今毎日飲んでる冷たいフルーツ甘酒スムージーです。

体を冷やさないためにも、そろそろ冷たい飲み物は遠ざけていきたい時期です。

でも、「甘酒スムージーがなくなったらどうすればいいの?」と多くの方が悩んでいるはず。

そこで今日は、秋冬の冷えた体をほっこり包んでくれる【甘酒ソイラテ】の作り方をご紹介します。

***

【甘酒ソイラテ】

<材料:1人分>
豆乳 150ml
水 50ml
甘酒 大さじ3〜4(お好みで調整)
生姜汁 数滴
バニラエッセンス 1滴(あれば)

*お好みのスパイス(シナモン・クローブ・カルダモン・チリ・スターアニスの等)をごく少量(爪楊枝ですくえるくらいの量)入れても良い。


<作り方>
1.甘酒の粒がなくなるまで、フードプロセッサーにかける。(何回か分まとめてフープロしておくと便利)

2.小鍋に豆乳・水・甘酒・生姜汁・お好みのスパイスを加え、弱火にかけて、温度計を使いながら55〜60℃くらいまで温める。

3.カップに注ぎ、バニラエッセンスを入れる。

*甘酒の酵素は60℃を超えると働きが弱まります。せっかくの酵素が台無しになってしまうので、温度管理に注意しましょう。
(水筒で作る甘酒の作り方はこちら

*カップにお湯を注いで温めておくと、甘酒ソイラテが冷めにくくなります。


ちなみに、今朝はシナモン・カルダモン・クローブ・バニラエッセンスを入れて作りました。

スパイスが入ると一層温め効果が高まります。

生姜を毎回すりおろして生姜汁を作るのが面倒な方は、スパイスコーナーに『ジンジャーパウダー』も売ってますので、それを購入するとよりお手軽です。


もちろん、今はまだイチジクや柿や梨など秋のフルーツ満載なので、甘酒スムージーをやめて!というわけではありません。

でも、フルーツは冷蔵庫で冷やさない、甘酒や豆乳も10分でも良いから常温に置いてから使用する、シナモンや生姜汁を加える、などの冷え対策はやってみてくださいね。

『甘酒ソイラテ』飲んでたら、朝からカフェにいる気分。

1日の始まりには勿論、仕事から帰ってきて一息つきたい時やお風呂上がりのリラックスタイムにもぴったりですよ。

ぜひ、お試しください。

作ってくださった方はインスタグラムに『#ふんわり糀家』のタグを付けて投稿していただけると嬉しいです。



*発酵食レシピ バックナンバー

・『夏に食べたい野菜のおかずvol.1(梅土佐きゅうり和え)』

『夏に食べたい野菜のおかずvol.2(ナスのエスニックマリネ)』
『夏に食べたい野菜のおかずvol.3(梅ツナポテトサラダ)』

『チョコバナナヨーグルトスムージー』
『甘酒バナナ&豆乳ヨーグルトアイス』
『晩夏に食べたいピリ辛冷やし担々麺
『秋に食べたい炒り大豆とひじきの炊き込みご飯』



ブログのトップへ戻る

関連記事

味噌仕込みの裏技、知ってますか?

【レシピ】ビタミンCたっぷりで風邪予防!「みかんとパプリカの甘酒ジュース」

【レシピ】今が旬!「すだち甘酒ジュース」