| 公式ブログ

甘酒スムージーから始まる1日(2017/06/21)

今日は、私が毎朝飲んでいる甘酒スムージーの作り方をご紹介します。
(珍しく料理教室っぽい内容かも。。笑)


水筒で作る甘酒をお砂糖代わりに料理に使うのは勿論のこと、多くの方が「そのままで十分美味しい!」と言ってくださるのですが、私は朝に旬のフルーツを入れた甘酒スムージーを飲むのが日課です。

といっても、寒い時期に朝からスムージーを飲むのは身体が冷えるので、いちごが出始めた時期から朝スムージーをしています。


作り方は、本当に簡単でアメブロ時代にも書いたような氣がしますが、最近になってふんわり糀家のことを知ってくれた方も多いと思うので改めて書きますね。

<甘酒スムージー 1人分>
・季節のフルーツ…適量
・豆乳…100ml
・甘酒…大さじ2(お好みで調節する)

これをミキサーやフードプロセッサーで混ぜるだけです。
フルーツの量は、せっかくなのでほんのりスムージーにフルーツの色が出るくらいは最低でも入れてください。


例えば、冒頭の写真「スモモ甘酒スムージー」の場合ピンポン玉くらいのスモモを2個入れました。

2枚目の桑の実(マルベリー)の場合は、5粒ほど。

いちごやビワなら、4個くらい。

キウイなら半分。


甘酒は、身体への吸収が良いタイミングで食べるのが良いのです。

だから、朝一番というのは吸収も良いし、フルーツも朝食べるのが「金」と言われていますよね。

私はだいたい朝起きてお米研いで浸水させて、甘酒スムージーを作って飲んで写真撮って、糠床まぜたり、ひしお混ぜたりして、それからゴミ出ししに行って、そんなことやっているとだいたい30分くらい経つので、お米の浸水も終わってちょうどいいし、ご飯作りを始めます。

甘酒スムージーが私にとっての栄養ドリンク。

飲まないとエネルギーチャージ出来なくて色々始められません。


フルーツとしてはあまり好んで食べなかったスイカも甘酒スムージーにしたら凄く美味しくて、その発見以降は新しい種類のフルーツを見るたびに買って試すようになりました。

甘酒スムージーのおかげでお腹の調子も絶好調です。

5月末に知多半島、伊勢、埼玉、トマム、札幌と10日間家を開けた時も、やっぱり甘酒スムージーを飲まない日はスッキリにしくい感じがしました。

埼玉の実家では、せっせと甘酒を作って毎日甘酒スムージーを飲んでたのでよかったのですが、またスムージーが作れなくなるとスッキリしにくい。。

もはや今後は甘酒を旅行のお供にしないといけないかもしれません。笑


体験レッスンやBasic講座でもお伝えしてますが、甘酒は手作りだからこそ得られる健康・美容効果が凄いんです。

もちろん市販品でも飲まないよりは飲むほうがいいんですけどね。

それで、作った甘酒をどうやって食べるかは人それぞれだと思いますが、1日のうち一度は加熱せずに食べられる方法で、かつ吸収のよい時(朝一番、お風呂上がり、スポーツの後など)に飲むのが効果的ですから、皆さんもぜひやってみてください。

甘酒作りの感動をまた体験されてない方は、ぜひレッスンにお越しください。
次回募集は6月24日(土)21時より、7月分の体験レッスンのお席を受付いたします。
(詳細はこちら

ブログのトップへ戻る