| 公式ブログ

人生にはドラマがあるから楽しい(2020/09/19)

『ふんわりフェスSummer2020』が終わり、ゆっくりのんびりお休みしていました。(こんなにブログを更新しなかったのは初めてかも。。)

特に、8月の終わりに入ってからは来る日も来る日も内なる自分と対話を重ね、今まで素通りしてきた心の奥の奥までえぐっていくような時間を過ごしました。


正直最初は、8月に行っていたふんわりフェスの疲れが出たのだと思ってたんです。

赤裸々な話、8月は生理がこなかったんです。。。凄くショックだったんです。

『あぁ、また頑張りすぎてしまった。(自分に)ごめんなさい。』

という気持ちで落ち込んでいました。(ふんわりフェスはとっても楽しかったんです。だから、頑張りすぎてしまった。。笑)

頑張った分休もうと思って、いつもよりもたっぷりと丁寧に時をかけて自分を見つめたんです。

『ちゃんと休む』のは大事なこと

私は、今まで(ふんわり糀家を始める前までの人生も)ゆっくり休むという事がほとんど出来なくて、それは仕事柄というより私の性分で、休みの日でも絶えず頭の中が動き続けてるような状態でした。

だから、休むことが苦手で、休もうと思った矢先にまたアイデアが浮かんでしまうという。。SNSを見たり発信はやり続ける、など。。

そんな自分を自制して、『ちゃんと休む』という事をここ1週間したのですが、変な話、1週間でも私にとっては試練でした。

本当に、ぼーっとしたりゴロゴロしたりしてるのが苦手なんです。

試練の最中、表面的な疲れではなく、心の奥の方に溜まった膿が出てくるような感覚になりました。


毎日毎日、(心の)膿が出て、

深く落ち込み、
自信をなくし、
わけもなく悲しくなり、
八方塞がりの真っ暗な穴の中にいる

自分は何が出来るのか、
何が好きなのか、
どんな未来へ行きたいのか

そんなことをずっと考えていました。

生きている=すでに幸せなんだ

こうやって発信をしている人を見て「毎日リア充」しているように思うかもしれませんが、そんなことはありません。笑

(基本的にワクワクの日々が多いですが。。。)


というのも、膿み出しした後、ふんわりフェス講師陣へポートレート撮影やリアルメイクレッスンをプロデュースさせていただいたのですが、私なんて比じゃないくらい壮絶な人生を生きている講師陣なのですよ。

あんまり詳細は書けませんが、とにかくほとんどの講師陣が濃すぎる人生で衝撃すぎて、本当に辛い過去がある。

だから、そんな話を聞いていたら「生きてるだけで丸儲け!こうして笑って美味しいものを食べて大切な人たちと会ってご飯が食べられるだけで、ものすごく幸せだってこと!」なのです。


人生って、色々あるから楽しい。

勿論、落ち込んでるその瞬間は辛いし、自分の力ではどうにもならない時だってある。

後悔だってあるし、涙の日々もある。

でも、そういう日々も含めて、人生にはドラマがあるから誰かを魅了するオーラも出るわけで。

人の言葉に傷つく時があれば、人の言葉に救われる時もある。


私は、自分の発信で、勇気や元気を与えたいと思っているから、過去のことも赤裸々に書くけれど、こうして書くことで本当は一番自分自身の心を整えて、また明日から頑張ろうって思えます。

秋の気配に、動き出す

ブログは全然書けてなかったけれど、その間にもいろんなことがありました。

ライフスタイルマガジンケノコトを運営する会社の社長さんと4年ぶりに再会して、今後コラム掲載や出版の話など、コラボ展開させていただくことに。

ケノコトに掲載されている私のライフヒストリーも是非ご覧ください!

【40男の嫁もつらいよ-お互いのやりたいことを応援しあう関係】

【100人100色ー高松移住後にはじめた料理教室が大人気に!】


・テレビ東京の番組「生きるを伝える」に出演した時のご縁で、昨日オンラインインタビューを受けました。

収録した動画は、これから俳優さんによるナレーションが入り、ディレクターさんが編集してくれて、来月には皆さんにお披露目できると思います。

・9/17は私の誕生日だったのですが、インストラクター養成講座5期のオンライン講座の日でもあって、オンライン上でメンバーがサプライズのお祝いをしてくれました。

(5期のみんな、ありがとう〜!)

・さらに、来週は雑誌の取材と撮影もあります。


ここ数日はやっと秋らしい気候になって、私も含めて「そろそろ動き出したい!」って気持ちの方も多いのかな?と感じます。

県内はもちろん県外(特に北海道や岩手など遠方の方からも)お問い合わせが増えてきました。

11月の土日に、短期集中でのBasic講座やAdvance講座の開催します!


ブログのトップへ戻る

関連記事

人生にはドラマがあるから楽しい

こんな時代だからこそ、夢を描いていなきゃ

理想のライフスタイル 〜「食べる」や「作る」の奥にあるものを大事にしたい