| 公式ブログ

【イタリア留学_vol.2】アルデンテ加減が最高(2018/06/09)

昨日は、時差のおかげで現地時間18時(日本は深夜2時)に寝てしまって、現地時間1時(日本は午前9時)に目覚めて、無理やり2度寝して、合計12時間も寝ました。笑


今はのんきに朝からブログ書いてますが、来週から学校始まったら9時から授業が始まるので、どんな生活になるのかなあと思ってます。

さて、昨日はフィレンツェの街の位置関係をざっと把握したり、通学のバス定期を購入したりしました。

私が今いるBnBはフィレンツェ中心地まで徒歩10分で行けるので、とても便利です。

ドゥオモまでも徒歩10分!近いなー。


10年まえにイタリア周遊したときは、ちょどユーロが高騰していて、1ユーロ=180円くらいになってました。

だから、食べ物もなんでも凄く高いってイメージだったんですが、今は1ユーロ=130円くらいなので、日本とそこまで物価は変わりません。

街並みも、10年前にローマやバチカンに行った時にすごく道端にゴミが散乱していて、車もボコボコでひどいのばっかで、せっかく景観は美しいのに、台無しだなぁなんて思った記憶がありました。

フィレンツェはとても綺麗で、走ってる車も綺麗だし、なにより物乞いや怪しい雰囲気を醸し出してる人が少ない!(もちろんスリはそんな中に紛れ込んでるんだろうけど・・・)

10年経ったら色々変わりますよね。


フィレンツェといえば、サンタ・マリア・ノヴェッラ駅!(通称、フィレンツェ中央駅)

ローマ、ミラノ、ヴェネツィアに行くためには、これに乗っていきます。

私は、これらの観光地に10年前に行ってるので、あえて予定は立ててないんですが、(もしクラスメイトやシェアメイトが行くならついていこうかな)昨日はバス定期券を買うために、駅近くまで行きました。

バス切符売り場のおじいさんが英語通じなくてね・・・・。笑

イタリア語を頑張って使いながら覚えるようにしなくっちゃ!と思いました。


フィレンツェでの最初の食事は、中央市場の中にあるお店で。

私はひとり旅があまり好きじゃないんですが、やっぱりその大きな理由の一つが食事の時間を共有できないことです。

特に、イタリアは食事に3時間もかけるそうで、街中でもみんな15時近くになってもピザとかパスタとか食べつつワイン飲んでました。

一人だとね、必然的に注文できる(食べきれる)数も限られるし、私は過去に食べ過ぎて大変な思いをしたことが2度もあるので、腹八分目を守りつつ食べました。笑


食べたのは、マッシュルームのリゾット!

パンオショコラ・フルーツ・ヨーグルト・お茶しか食べてない身体に染みるようでした。笑

やっぱりお米は美味しいよ。そして、絶妙なアルデンテ加減が最高!


お店のメニューはこんなかんじ

最初の『I NOSTRE TAGLIERI』を訳すと『私たちのまな板』って検索結果に・・・笑(たぶん前菜って意味なんでしょう)

サラミとかが確かにカッティングボードの上に乗ってたな・・・。

『I PRIMI』はパスタやペンネや、私の頼んだリゾットなど、主菜の前に食べる部類のもの。(実際私はこのリゾットも食べきれなかった・・)

『I SECONDI』がトリッパ、ビステッカなどお肉のメイン料理。

何人かで食べれば、色々注文してちょっとずつ食べられるのになぁ・・・。(学校始まって、みんなで作った料理を食べるのがますます楽しみ!)

***

ってことで、今日も1日フリーなのでフィレンツェ散策してきます!

ではでは皆さん、Ciao!


続きへ

ブログのトップへ戻る

関連記事

遅延型食物アレルギーが、不調の原因かも!?

じぶんに優しくなれる調味料

どんな状況でも「ごきげん」でいたい人、集まれ〜!!