| 公式ブログ

【イタリア料理留学_vol.24】ベルニナ急行!今までの中でも1、2位を争う絶景!(2018/06/29)

「ベルニナ急行で行く!スイス・サンモリッツ日帰りツアー」に参加した日の話。


前回綴った通り、人生初の英語ツアーで内心不安だった私。

でも、蓋を開けてみればガイドさんの英語は凄く聞き取りやすくて、8割くらいは何話してるのか理解できました。


集合場所であるミラノの中心街からバスで約4時間ほどで、スイスとの国境を超えてサンモリッツに到着。

途中、国境を越えるため、ツアー参加者はパスポートを持って行かねばならないのですが、本当にあっけなくバスの運転手さんが「Ciao」と国境の管理人さんに挨拶して即通過。


ものの30秒くらいでスイスに入国しました。笑(↑ 国境を超えた瞬間のgoogleマップ)

こんなんでいいのだろうか・・・と思ってしまうよね。いくらなんでも緩すぎるでしょ。。。

スイスに入ってからは、まるでおとぎの国に来た気分。

家の形や窓の形もイタリアとは違っていて、車窓から景色を見ているだけでもワクワクする。


そして、ベルニナ急行の始発点「サンモリッツ」に到着すると、これまた絶景!

目の前に湖、山、雲ひとつない空!

サンモリッツは、冬の高級リゾート地として有名な場所です。標高1800mの高さなので、涼しくて快適な気温。

(日本でいうニセコみたいな感じかなぁと思います。気候的には夏に軽井沢に行く感覚に近いです。)


サンモリッツ駅から始まる、真っ赤な可愛らしい外見のベルニナ急行に乗って、約2時間半のふんわり鉄子の旅がスタートです!

この電車、時速30kmで走るらしく、車よりもノロノロ。笑

それもそのはずで、最初から最後までほぼ絶景が続くんですから、時速が早すぎたら見れません。常にノロノロがちょうどいいというわけ。


世界遺産にもなっているベルニナ急行からの景色はそれはもう素晴らしかったです。

同じツアーに参加した人が「今までの旅の中でスイスがもっとも素晴らしかった」と話してたのを聞きましたが、まさに!!!


この世のものとは思えない美しい手付かずの大自然は、美しすぎて写真に納めてもなんか霞んでみえて、この目にしっかり焼き付けて味わい尽くしました。

が、なーんかこの絶景をどこかでも見たことがあるなと気づく私。

祖谷のくうねるの目の前に広がる景色と似ている・・・。


ん???そういえば、ツアー参加者の中で妙に親近感の湧く顔立ちをしている人がいる・・・。

誰かに似ている・・・。

誰???


おお!!!!

我が師匠・のりさん似!(写真右端の男性をよーく見てみて)

肌の色やヒゲや輪郭などは全然違うんだけど、目とかパーツが似てる!!!笑

思わず隠し撮りをして、のりさんご本人に写メを送る。


スイスの絶景がくうねるを思い出させてくれて、まさかのりさん似の人に出会って、なんだかほっこりしました。笑

いやはや、ベルニナ急行は本当にオススメですよ!


ほとんど歩くことも階段や山登りなどもないのに、標高1800mからのアップダウンのある絶景をぼんやり眺めて電車に揺られる時間は最高です。

ツアーにも結構ご年配の方が多くて、体力があまりない人でも子連れでも問題なく参加できる内容でした。

こうゆう大自然に触れると、フィレンツェやミラノみたいな都会生活もいいけれど、大自然の中の生活もいいなぁと感じます。

都会と自然のデュアルライフがしたいなー!

というわけで、ベルニナ急行のツアーは、今まで海外旅行で訪れた国やツアーの中でも1、2位を争う絶景でした。

ではでは皆さん、Ciao!










ブログのトップへ戻る

関連記事

次は、7月27日(土)東京・表参道でトークショーやっちゃいます!

【台湾の旅_vol.5】5/26(日)開催*わくわく台湾料理&ごはん会