| 公式ブログ

『献立に悩むこと』はもうやめていい(2020/02/22)

気づけば1週間、Master講座のレシピ集(冊子)が追い込みに入ってて、頭の中がやらなきゃいけないことで溢れかえってました。


やっとゴールが見えてきた感じです。(レシピ集が完成するって意味でのゴール!)

でも、この時期って皆さんも気持ちが焦ってしまうことが多いのでは?

1月(行く)2月(逃げる)3月(去る)って本当にそのとおり!笑

(いや、逆に世の中多くの人たちがそういうもんだと思ってるから現実世界もそうなる?)


さてさて、そんなMaster講座ですが、教室受講の日曜日クラス(4/19、5/17、6/21、7/12、8/2、8/30)にキャンセル出ました!

先日セカンドオピニオンを受けて、色々と状況が変わりまして、Master講座(教室受講)のレッスンを私がやれるのは今回だけかも・・・!?と気づかされ、私(笠原奈津美)がレッスンをすることに変更します。

(海外レッスンで出張となる予定の6/21は、Ayaho講師が担当します。)

お申し込みはこちら(日曜日クラスのみ開講します)

8月なんてちょっと先すぎて分からないかもですが、予定は先に決めておけばうまく行くことが多いです!笑


この1週間は、昼と夜にずっとMaster講座のレシピを食べてるんですが、1品しっかり作ってあると他は手抜きでも食卓の満足感が高いということに気づきました。

私が言うのもなんですが、毎食一汁三菜(しかも毎食違うおかず)を作るのは相当大変です。

「作らなきゃいけない」なんて考えすぎるともっとしんどくなります。

レシピを沢山作ってきて思うのは、50くらいのレパートリーがあれば、それ以上新しいレシピはほとんど要らないんじゃないかと。

50のレパートリーの味付けを調味料で変えたり、季節によって野菜を変えれば、『今日の献立どうしよう』という悩みがなくなると思います。


皆さんもわかると思うんですが、作り慣れた料理を作るスピードと、新しい料理を作るスピードって、後者の方がかなり時間がかかります。

私も、レシピの試作はすごく時間がかかるけど、出来たレシピのアレンジや撮影のために作る時にはもうこなれてるので、ササッと作れます。

新しい料理に挑戦するのは、どうしても時間の余裕と心の余裕がないと出来ませんよね?

新しい料理にたびたび挑戦することが「楽しい」のであれば、例えば100以上までレパートリーをどんどん増やすのも良いけれど、多くの人がたぶんそうじゃない。

だったら、自分の鉄板の50のレパートリーだけきっちり習って、あとは野菜と調味料でアレンジする方が時間とお金の節約にもなり、心の余裕も生まれます。


ふんわり糀家では

・Basic講座 21品

・Advance講座 14品

・Master講座 24品

合計59品のレシピを習得することが出来ます。

(Advance講座の3種類のお味噌汁のレパートリーはカウント1です。)

実際には、レッスンで作らないけれどテキスト内でご紹介している簡単レシピもあるので、60以上のレシピになります。

しかも、変わったレシピというよりは、『毎日食べたい作りたい』のコンセプトに基づいた鉄板レシピばかりが60以上です。


だから私も、連日Master講座のレシピばっかり作ってて、ふと「今日は試作はおやすみで、久しぶりに白和えでも作ろうかなー!」と思ってBasic講座のテキスト引っ張り出して作ったら、とっても美味しかった!

(自画自賛みたいなんですが、つまりレシピはそこまで多くなくても50くらいあれば、大丈夫!って言いたい。)

料理の献立に悩む母をずっと見てきた私は、料理のしんどさって料理を作ること以前に『献立に悩むこと』なんじゃないかと思うのです。

だから、あえてレシピの数を膨大にふやすのではなく、ある程度限定された中から選ぶ方が心の余裕が生まれることに気づきました。


ある方と話してたんですが、これからは『いかに減らすか、絞るかが明暗を分けるね』と。(仕事においての考え方の話しだったんですけどね。)

つまり断捨離ってことですね!

Basic講座に通って、冷蔵庫内の調味料の断捨離が出来た方も沢山いらっしゃいます。


Advance講座に通ったら、カレールー、麻婆豆腐の素、市販のふりかけ、ドレッシング、全部要らなくなります。納豆も手作り!

Master講座に通ったら、酢豚、青椒肉絲、エビチリ、スンドゥブの素も要らないし、ミートソースやトマトソースパスタの素、ケチャップも要らなくなりますよー!!

これらが全部、手作りの発酵調味料を使って作れるようになるんです。


今の時代、良いもので安いものも沢山あるし、情報も溢れかえっています。

だからこそ「得る喜び」は感じにくく、「手放せた喜び」の方が幸福感を得やすいんです。

そういう意味で、ふんわり糀家の講座は「レシピを得る喜び」にお金を払ってるように見えるかもしれないけれど、本当は違います。

講座の本質は「冷蔵庫の要らないものを断捨離できる、献立に悩む時間を断捨離できる(心の余裕を得られる)喜び」にお金を払っていただいてます。


さらに言えば、「講座の金額が高い」と思う方も多いけれど、実は講座を受けることで『お金と時間を節約でき、より豊かな人生を選ぶ心の余裕と、考え方を身につけることが出来ます。

(レシピ本をむやみに買ったりしなくなり、食の流行に振り回されたりせず、ネット検索に時間を費やすことも減るからです。)

だからこそ『人生が変わる料理教室』と呼ばれるわけです。

是非この春から、ふんわりサロンや認定講師サロンの講座へ参加しませんか?

『お金と時間を節約でき、より豊かな人生を選ぶ心の余裕と、考え方を身につけることが出来る料理教室』って、世の中殆どないですよ!

★全国各地の認定講師レッスン情報(Basic講座)はこちら


<お知らせ>

・4月11日(土)京都府・長岡京市での春の京都大満喫ツアーは、コロナウイルスの影響を考え中止となりました。

・3月28日(土)新潟県・上越市でのトークショーは、コロナウイルスの影響を考え中止となりました。

ブログのトップへ戻る

関連記事

【永久保存】水筒で甘酒を作ってみよう

遅延型食物アレルギーが、不調の原因かも!?

じぶんに優しくなれる調味料