| 公式ブログ

夢が叶うビジョンボード(2017/02/19)

私たちはいつから夢を描けなくなってしまったんだろう。

「そんなの叶うわけがない」と誰かに否定されることを恐れて、口に出すことさえもせず、せっかく描いた夢さえもどうして自分で潰してしまうのだろう。


普通でいることが正しく、普通の世界から飛び出すのが怖くて、まだ見たことのない世界へ踏み出す勇気がなくて、結局変わらない日々を選択してしまうのだろう。

世間体とか、常識とか、生活の安定よりも、子供が心からやりたいと思うことを「やってごらんよ」と言ってくれる大人はどのくらいいるのだろう?

目を輝かせながら自分の好きなことへ没頭する大人は、世の中にどのくらいいるのだろう?

3年前、私の周りにそんな大人は誰一人いなかった。でも、このままだったら私もその一員になってしまう。そんな未来しか描けなかった。


「自分の周りにいる人は自分の鏡。あなたの周りに”こんな人になりたい!”と尊敬できる人はどのくらいいますか?」

本に書いてあったこの言葉が、私の心に突き刺さった。


そこから私は自分の世界を変えたいと思うようになった。


そんな時期に友人から教えてもらったのが”ビジョンボード”。

正直最初は、何を貼っていいかわからないし、恥ずかしかった。
自分の夢を描くことを忘れてしまったヒトだから。

でも、一度スイッチが入ったら、どんどん心の底からワクワクする感情が湧いてきて、「あぁ、こんなこともしたい、あんな未来もいいな」なんて想像が止まらなくなる。

作り終えた後はなんとも不思議な感覚で、「なんか本当にこれ、叶いそう」なんて思ってしまう。


そして、本当に叶ってしまった。
これを作った時には、出会ってから10日しか経ってなくて、遠距離で付き合うことさえも無理だと思っていた彼が今は私の旦那さま。

「ハワイに行きたいな」と思って貼った切り抜きも、その後実際にハワイに行けて。

「こんな家に住みたいな」と思って貼った切り抜きも、その時にはまさか自分が注文住宅に住めるとさえ思ってなかったのに、家のテイストもかなり近い状態で来月新居が完成する。


さらに、こっちは2015年に作ったもの。
書き込み通り2016年の9月に入籍。結婚お披露目会は1年遅れになってしまったけど。

上のキッチンの写真もかなり実物に近くて自分でも驚き。
オーダーでキッチンが作れるツテも何にもなかったから、こんなお洒落なキッチンが現実になってるのが今でも信じられない。

そして、おかげさまでふんわり糀家は”予想以上の大反響!申し込み殺到!”の料理教室になっている。
(これを公開するのはものすごく恥ずかしいのだけど、でも私の経験をお伝えしたいから。。)


いつからだって、誰にだって夢は描ける。
自分が心から叶う!って望んでいれば絶対実現する。

自分が信じれない夢を一体誰が信じてくれるの?
自分が叶いっこないって思う夢を誰が叶えてあげたいと思う?

みんなただそのやり方がわからないだけだ。
やろうと思っても、目の前の仕事と家事と育児と趣味の後回しにされて、いつしか忘れ去られてしまっているだけだ。

一人じゃ重い腰が上がらないのは料理本を見てもできないのと一緒。

だからやろうと決めた。

決めたというより、このイベントをやりたくてたまらなくなった。
私自身のビジョンボードもすでにたくさんの夢が叶ったから、更新したくなった。もっともっと夢を叶えていくために。

一人よりも絶対にみんなでやったほうが楽しい。
みんなの夢も叶えたい。
みんなが幸せになればいい。
みんなで幸せになるんだ。


料理とは一見、関係ないかもしれないけれど、ふんわり糀家のビジョンは「幸せの循環を創る人」。
だからこのイベントにもちゃんと軸はある。

私は幸せの循環を創りたい。それは料理でも、ビジョンボードでも、同じ。
ふんわり糀家に関わる”家族と私の健康のため”に必要なことだから。

身体の健康は、発酵食料理で、心の健康はビジョンボードでつくっていこう。

そんな思いを込めて。
明日20時の募集を楽しみにしています。






ブログのトップへ戻る

関連記事

【わたしのこと】29.4%→27.0%

「絶対にデッカくなってやる。」

【永久保存】白血病が教えてくれた夢の叶え方_vol.7