| 公式ブログ

【ロンドンの旅_vol.5】改めて自分という存在に「OK!」を出すことが出来た日(2019/09/13)

やっと8割ほど元気になってきましたー!

今日はロンドンも珍しく快晴で、数日間寝たきりだった私は、運動不足を解消するべく少し散歩に出たり、洗濯物を干したり、スーパーでソフト麺とエビ・青梗菜・ネギを買って、醤油麹焼きそばを作り、半分ほど食べることが出来ました!


(見た目は焼きそばだけど、オリーブオイルしかなかったので欧州の香り漂う焼きそばとパスタの融合みたいな味に)

それでもまだ少し胃がもやっとするかなぁ。。おかゆ・スープ・ヨーグルト・フルーツしか食べれない3日間を過ごしたので、まさに断食明けの気分!笑

でも、これで明日にはほぼ全快!良かった〜。

さて、今回はロンドンに来てひしひしと感じたことについて綴ります。


空港に降り立って市内へ向かう時にも、ベルギーに行く時にも、移動の時にはロンドンの地下鉄に乗ることが多いのですが、とにかく多民族国家だなぁと感じます。

イタリア・フィレンツェにいた時も、観光地として世界中の人がいるなぁと感じたんですが、ロンドンはそれ以上に多様性というか人種のるつぼだと感じます。

日本にいると単一民族だから、自分と他人を比べて、

・鼻が低い
・顔が大きい
・目が小さい
・背が低い
・足が太い

みたいな比較を誰もが一度はしてしまうと思うんですが、ロンドンではそういう比較が出来ないほどに皆んなが全く違うのです!

だから、例えば鼻が凄く高い欧米女性がいたとしても、「自分もそうなりたい」という思考にはならないというか・・・。

他の人たちも皆んな総じて私より鼻は高い人ばかりなんですが、「鼻が高くなれば美しくなるのか」というとそう言うわけでもなく、全体のバランスだし、鼻の形も本当に人それぞれ(日本人同士では比べ物にならないくらい)全然違うんだなぁと思って。


「明日もし、この電車の中の誰かになり変われるのであれば、誰になりたい?」って自分に問いかけたんです。

そしたら、結局、今はわたしのままが良いなって思ったんですよ。

自己愛とかって言うより、今回の人生は日本人として生まれた私を全力で楽しみたいなって思ったんです。

ちなみに、もし来世も日本人に生まれたい!と思ってもその確率は1.6%らしいです。

50%以上の確率で中国・インド・アフリカの国に生まれる計算になるそうですよ〜(詳しくはこちらの記事へ)

ちなみに(確率の計算で)占ってみたら私の来世はセネガル人で、再来世は、インドネシア人でした。笑
(占ってみたい方はこちら)

だから、この人生をもっともっと楽しく、豊かに、自由に生きてから、悔いなく死にたい!って思いました。

だって、この人生を終えてしまったら、しばらく日本人は味わえないんですよ?

(ちなみに再々来世はホンジュラス人、再々々来世はナイジェリア人でした。日本はおろか、ヨーロッパ・アメリカ・オーストラリア大陸にもなかなか生まれられない私。笑)

日本のパスポートは世界最強と言われていますけど、ロンドナーの皆さんにもよく「日本大好き!でも高くて・・・いつか行きたい!」と言われるんです。


世界中をこうして旅できることも、この人生だから出来ることなのかもしれないな。

日本を出ると、日本人で良かった!って思えるとよく言うじゃないですか。

今回ひしひしと感じました。

何故って、具合が悪くなったり、レッスンをするために訪れたサロンで日本人オーナーさんから海外家具・家電の不便さ(日本の製品が如何に痒い所に手が届く機能性をもっているか)を熱弁され、暮らしの中でそれを痛感したから。

シンクのごみかすが、ちゃんと排水溝に流れるようになっているのとか、本当に凄いことなんですよ!笑

トイレの蓋が勝手に開いたり、音を立てずにゆっくり閉まったりするのも凄い!笑

そういう些細なことに気が付いて、もっと生活の便利さを追求できるのが日本人の凄さだなぁと。

でも、それを仕事にしている人は便利さを追求するあまり残業続きになってしまうのかぁって、ドイツ・フランスに住んでいる友人たちと話題になりました。

友人は、どちらも海外で働きたいって言ってました。

日本はいい国だけど、労働環境としてはちょっと・・・という意見だそうです。(個人の意見なのでね)

だから「自分で仕事を生み出して、海外でもレッスンをやるなんて、なっちゃんは凄いよ!パリやデュッセルドルフでも日本人は沢山居るから、間違いなくあっと言う間にレッスン埋まると思うよ!」と絶賛してもらったんですよ〜照

遠慮とかではなく「え、本当にそう思うの?!マジですか?」と正直めちゃくちゃびっくりしたんです。(そして宿に着いた途端に悪寒がし始めた・・・笑)


それで、元気が戻ってきてロンドンを散策すると、やっぱり日本みたいに外食が口にあって毎日食べたいほど美味しいとかない!
(美味しいものがないって意味ではなく、毎日外食してたら3日で飽きてしまうという意味で)

スーパーのお惣菜が美味しいなんてことはなくて(むしろお惣菜というものは存在しないので、レトルトかレンジでチンするやつか冷凍食品しかない)、安心できる料理って家で作るしかないんですよね。


そんな時に、味噌・醤油麹・甘酒や、今回は持ってきてないけど塩麹・ポン酢・ひしお・納豆とかがあったら、それだけで食卓がほっとするなぁって思います。

私が、ロンドナーと結婚した日本人妻(永住)や駐在員の奥さんだったら、ふんわりのレッスン受けたいです!!

そして、日本に帰る度にまるみ麹さんの乾燥麹を大量に買って、ロンドンまで送って、大量に味噌とか作るだろうな。。笑


まぁ、そんなわけで、改めて自分という存在に「OK!」を出すことが出来たし、日本人だからこそ伝えられる発酵調味料という食文化を仕事にしているって、誇らしい!(更に誇りに思おう!)と感じました。

日本でも、世界でも、自分の好きを生かして、仕事が出来るって幸せなことです!

発酵の料理を通して自分らしい生き方をしたいと願う方から、続々とふんわり糀家のインストラクター養成講座へのお問い合わせをいただいています。

↓興味はあるけど、まだ講座を受講したことがない方にお知らせです。


<お知らせ>
【ひしお・ポン酢・納豆の作り方と究極の出汁のひき方が学べるAdvance講座】
11/2〜3開催@東京・表参道 キャンセル出ました!(お申し込みはこちら)


12/7〜8開催@香川・高松 残り1になりました!
(お申し込みはこちら)

2020年春頃開催のインストラクター養成講座5期の受講には、Basic講座またはAdvance講座の受講が必須となります。

まだご受講でない方は、上記のAdvance講座やお近くの認定講師サロンにて、Basic講座を受講してください。

最寄りの認定講師サロンについてなどのお問い合わせはこちら

ブログのトップへ戻る

関連記事

「ご縁力」ってどうすれば身につけられるの?

幸せの循環ってこういうこと

【参加無料】最速で欲しいものを全部手に入れる方法*オンラインお茶会