| 公式ブログ

オススメの調理器具②(2018/11/22)

1年以上前に書いた「オススメの調理器具」「オススメの保存容器」の記事が結構みなさんのお役に立っているとちらほら聞きます。

キッチンまわりの道具って、安く揃えようと思えばいくらでも安く買える。

けど、毎日台所に立つ度に使うものだから決して妥協したくない。


まして、料理教室として、たくさんの方達に使ってもらうわけなので、ふんわり糀家をはじめた当初から調理器具は一つ一つ慎重に選んで買い集めてきました。

Basic講座などのレッスンの中で、多くの生徒さまがふんわり糀家サロンに存在する全てのものに注目しているようでして、「このニンジンはどこの?このごま油はどこの?このまな板はどこの?」みたいな質問が多いのです。

そして、ふんわりサロンのものは結構な割合でちろりん村で購入しているので、特に県外からの生徒さまや住んでいるエリアがサロンから遠い方々は、「帰りにちろりん村に寄って行こう」が合言葉になっています。笑


だから、ちろりん村では、なぜかまな板がめちゃくちゃ売れていて、ハンドソープも売れていて、米こうじや食材以外のものを購入される方も多いらしいです。

昨日の記事で「県外から香川県まで来るのはなかなかハードル高いよね」って話をしましたが、正直、ちろりん村も私の中では結構な観光名所だと思ってますので、短期集中クラスの方は、ぜひ楽しみにしていてください。

さて、そんなわけで今回もいろいろオススメの調理器具を紹介していきます。
(記事の最後に、調理器具ではないけどふんわりさんに超オススメのものについて綴ってます。)


①土佐龍 四万十川 ひのきスタンド付きまな板(M)

これは、ふんわりサロンでレッスンの時にいつも使っているものです。

乾かす時に立たせることができるので、衛生的で便利。



元々、ふんわりサロンではグローバル包丁を愛用しているのですが、それを購入した特典としておまけでついて来たのがきっかけでこのまな板をレッスン用に買い揃えることになりました。笑

(グローバル包丁についてはこちらの記事をご覧ください)

料理教室をはじめようと思った時に、一番最初に買わなくっちゃと思うものってたぶん包丁とまな板です。

私は、昔おばあちゃんちにあったような包丁(持ち手が木になっていて、刃と柄の継ぎ目が錆びてきてしまうようなもの)だと柄の部分を握ったあとに、ちょっと金属の匂いが手に残るのが嫌でした。

だから、自分が包丁を揃えるなら絶対グローバル!と思っていて、しかも日本製でスタイリッシュなのも好き。

そのおまけで付いていたまな板が、結構生徒さまに評判が良かったんです。

確かに、手頃な金額で購入しやすいところも良い点です。


②野田琺瑯 蒸気調理鍋 MIMOZA

こちらは、Advance講座では毎回おなじみの大型鍋で、主にふんわりサロンでは出汁をひくのに使っています。

だいたい1度に4〜6ℓくらいの出汁をひくことが出来るし、鍋だけでなく↑写真のとおり鍋の中にはいるサイズの蓋つきの琺瑯容器もセットになっています。(Advance講座を受講されたふんわりさんは、一度にたっぷり出汁をひいた方がよい理由がわかるはず)


イタリアンのレッスンの時にはこれでパスタを茹でたり、元々蒸し器なのでお赤飯を炊いたり。

蓋つき琺瑯容器はミニぬか床としても活用出来るし、なにしろこの色が最高です!

はじめてこのお鍋を見た時に「私のためにあるお鍋じゃん!」と思ったくらいに、ふんわりカラーどんぴしゃ。笑

大きいのでちょっとスペースは取りますが、見る度にときめくお鍋です。


③中尾アルミ ステンキャストハンドルフライパン24cm

こちらは、ふんわりサロンのNEWフェイス!

まだあまり多くのふんわりさんにお目にかかっていないフライパンです。



今までふんわりサロンでは、主に「極(きわみ)」というシリーズの鉄のフライパンを愛用していました。

(以前に極シリーズのフライパンを全部紹介した記事があったはずが・・・どの記事だかわからなくなってしまいました。また改めて書きます)


ですが、Basic講座の新レシピの中で「和ガレット」という納豆と味噌を使ったレシピがあって、それを作るのに鉄フライパンだとどうもひっくり返しにくいということが判明。

さらに、ほとんどのご家庭ではテフロン製などの軽くて油回しなどの下準備が不要なフライパンを使っているので、ふんわりサロンでもそういうフライパンを1つ持っていた方が良いねという話になりました。

ですが、私の個人的な意見では、テフロン製のフライパンてどうにもカッコイイものがない。

特に、柄の部分がスタイリッシュじゃない。

それをサロンに置くのは絶対にイヤ!と思っていまして、色々調べていくなかで中尾アルミさんのステンキャストハンドルにたどり着いたわけです。


これ、プロ使用のフライパンらしく、ちょっとお高めなんですが、柄が見た目に反して全く熱くなりません。

それにふんわりサロンのフライパンの中ではダントツに軽い768g!

(たぶん、世の中のフライパンの中では超軽量の部類には入らないかもですが・・・。鉄のフライパンは基本重いので、それを比較しての話です。)

手に取る度にちょっと料理できる人感が漂うスタイリッシュなフライパンは、凄くおすすめです。

サイズは家族構成によりますが、24cmは2〜3人前の炒め物などに向いています。


今朝もこのフライパンで、Basic講座の醤油麹レシピ「ピリ辛ちりめん」を作りました。

ピリ辛ちりめん、何度作っても美味です。


④遠赤外線 パネルヒーター 暖話室(だんわしつ)

最後は調理器具ではありませんが、今一番サロンで話題のものをご紹介します。笑

これ、うちの旦那さんが見つけて買ったものです。


・エアコンの暖房は乾燥して、顔ばっかり熱くなる

・通常のパネルヒーターは、部屋全体を温めてくれない

・オイルヒーターは部屋が温まるまでに時間がものすごくかかるし、重い

・ストーブは灯油を買いにいかなきゃいけないし、子供がいると危ない

などなど色々な不安要素を解消してくれるのがこの暖話室です。

サロンに買って、凄く良かったのでさっそく2階のリビングスペース用にも買っていました。(旦那さんがね)

本体に元々コロコロがついていて、楽々動かせるのも良いし、電気で動くんですがコードが長いので部屋の真ん中とかにも引っ張りやすい。

サロンでは、ダイニングテーブルの足元に置いたら、ふんわりさん達の冷えを解決出来るのでは!と思っています。


そんなわけで、これから本格化する冬を楽しく過ごすために、好きな調理器具を揃えてワクワクしながら台所に立ってほしいなと思います。

形から入るというのも大事なことなので、調理器具を集め始めたら、ぜひレッスンで美味しい料理も作れるようになってくださいね。

<現在募集中のレッスン>

・【これまでに140名以上の方が受けたふんわり糀家の看板講座!】
家族と私の健康のために毎日食べたい作りたい発酵食料理Basic講座(13期)
(火曜クラス@ふんわり糀家)
1月22.29日、2月12.26日、3月12日
(全日程10:00〜14:00)残り3席

講師:川本 真依

(水曜クラス@ふんわり糀家)
1月9.30日、2月13.27日、3月13日
(全日程9:30〜13:30)残り3席

講師:川嶋 まみ

(短期集中クラス@ふんわり糀家)
1月12日〜14日(10:00〜17:30)
*最終日のみ10:00〜14:00 残り3席

講師: 立石 美樹

上記3クラスのお申し込みはこちら

【認定講師主催】
(短期集中クラス@高松市太田)
1月20.26.27日(10:00〜17:30)
*最終日のみ10:00〜14:00 残り2席

講師:東原 みえ

お申し込みはこちら






ブログのトップへ戻る